フラワーハット

a0092020_9481570.jpg


 cakeさんのパターン「フラワーハット」を作りました。
 このパターンはずい分前に長女のために買ったのにとうとう作らずじまいで、次女にも作らず、やっと三女のためには作れました。
 帽子を被るのを嫌がるのでゴムを付けたけど、それでもむしりとるように取ります。
 
 三女はお昼寝をぐっすりしてくれるので、思っていたよりソーイングは出来てます。
 姉にブラウスとワンピースを縫い、長女と次女にhibiさんのネックリボンワンピ、三女にキャミソール、スパッツ、自分にもブラウスなどなど。

 三女が産まれてあっという間に9ヶ月、あと10日で10ヶ月になります。
 バイバイやパチパチしたり、はいはいや伝い歩きしたりいろいろ出来る事も増えてきて面白いです。
 でも当たり前だけど目が離せず大変です。


  



 話は変わって、実は6月の始めに次女が自転車で転び、肘を骨折しました。
 ほとんど止まっている状態で手をひねったように肘の辺りから地面に着いてしまったので、一瞬変な方向に曲がって見えました。
 次女も痛がって泣くので整形外科へ連れて行くと「骨折してます。」と。
 でもまあギプスをしていたら治るのかなーなんて軽く思っていたんだけれど、私の考えは甘かった。
 二週間後、夫が次女を連れて整形外科へ行きレントゲンを撮ると「骨がずれてきているのでなるべく早く手術した方が良い。」と。電話でその話を聞き絶句してしまいました。
 翌日紹介状を持って大きな病院へ。一晩経って手術はしょうがないと思えていたので、診察していただくのを待ち、名前を呼ばれて診察室へ。
 先生にいろいろお話を聞いたり聞かれたりし、「じゃあ今日手術しちゃいますか?」と言われ、私また絶句です。
 でも今日を逃すと手術するチャンスがなかなか無いようで。「その日に出来るのはラッキーな事なのかも。」なんて思ってみたり。それより当の本人の次女がノリノリで手術に乗り気でした。
 
 で、結局その日の内に手術していただきました。全身麻酔で。
 三女も朝から晩までずっと病院に一緒にいました。でも「小児科病棟には赤ちゃんは入れない。」と言われいろいろ大変でした。三女は私がいないと泣くので。夫や私の母も居て三女を抱っこやおんぶしてくれたのですが泣いてました。
 次女は翌日には元気に退院できたので安心しました。手ぶらで入院手術退院です。家に帰って用意する暇も無かったので。
 
 でもまた肘の骨に埋め込まれた金属を抜くために手術することになるのかもしれません。
 本人またやる気は満々です。
 退院する日は「また入院したい?」と聞いたら「もういいや。」とうんざり気味に答えていたんだけど。
 ポジティブ思考の次女なのでまた手術になっても大丈夫だと信じたいです。
[PR]
by cocoan87 | 2012-07-02 11:03 | handmade(こども)